XXX 早漏対策

2011年09月02日

梅毒

ぴかぴか(新しい)早漏が良くなった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

梅毒

梅毒は恐ろしい病気として、昔から有名です。

このブログを書いているのは2011年9月2日。

数日前に、アメリカのグアテラマ性病人体実験がニュースになってました。

1940年代に、米国の研究者が抗生物質ペニシリンの効果を確かめるために、中米グアテマラの刑務所などで梅毒などの性病に感染させる人体実験を行っていた問題です。

映画によるのかもしれませんが、私が見た切り裂きジャックも、梅毒がテーマでした。

梅毒は、場合によっては、心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が営めなくなる、恐ろしい病気です。 


梅毒の原因

梅毒トレポネーマという細菌が、性的な接触により感染

皮膚や粘膜の傷に接触することで感染する恐れがある。

梅毒の潜伏期間

潜伏期間は、通常3週間

梅毒の症状

第1期 感染後3週間して

・ 性器、肛門、口など感染した部分に、小豆大〜エンドウ豆大の痛みの無い赤いシコリが出来る。これは潜在化するが4〜6週間で自然に軽快する。女性では気付かない場合がほとんど。

第2期 第1期が終了する頃から
・ 全身の皮膚に、赤い斑点がまばらに現れる。
・ 丘疹(皮膚から盛り上がったぶつぶつ)や後頭部に脱毛がみられる。
・ かゆみや痛みがなく、放っておくと症状は自然に2〜6週間で消えてしまう。

潜伏期
・ 第2期の終わる頃より数週間から数年間にわたる無症状の潜伏期に入る。この時期は血液検査でのみ診断される。この中の数10%が晩期へと進む。

晩期
 感染3年後くらいから
・ 皮膚や内臓にゴム腫(固いしこりやこぶができ、周辺の組織を破壊し、治るとあとが残る)と呼ばれる病変が起こる。
・ 関節炎や手足の感覚の喪失。
・ 心臓、血管、脳などに障害が出て、日常生活が営めなくなる。

梅毒の診断と治療

血液検査により診断できる。
ペニシリンなどの抗生物質の投与で治療するが、症状が治っても細菌が体の中に潜んでいることもあるので、根気よく治療する事。

母子感染に注意‼


妊婦は母子感染を引き起こす可能性があり、死産、早産を起こしたりなど何らかの異常をともないます。


そのため、妊娠したら、ちゃんと産婦人科で検査をしてもらう事が必要です。

感染経路はその他のSTDと同じで、

・性交による感染
・血液による感染

が主なもので母子感染もあります。

血液を3日程度冷蔵保存することにより梅毒トレポネーマは死滅するため、近年では保存血液による感染はありません。

梅毒陽性の血液は輸血用および血液製剤の原料血として使用しません。

気をつけおいてほしいことが一つあります。

梅毒は早期治療によって完全に治ります。

ただし、梅毒トレポネーマに対する抗体は、一生陰性化することはありません。

つまり、たとえ梅毒が治療によって治ったとしても、梅毒が感染した事実は残ってしまうのです。

感染しないように注意するのはもちろんのこと、抗体が陽性になる前に(STS法で陽性かどうかはわかります)きちんと治療しておきましょう。



性病が気になる人で、「病院に行くのはちょっと。。」「忙しくてなかなか病院に行けなくて」

「あの時のSEX、大丈夫だったかなあ。なんかペニスが痒い気が。。」

という人は、自宅でできる性病検査キットがあります。

そのまま放置して手遅れになる前に、自分で検査しましょう✨







ぴかぴか(新しい)早漏が良くなった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)


posted by 淫美 at 17:19| 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
相互リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。